2015年12月8日火曜日

大阪 ことこと倶楽部

わいわい賑やかな子供達があつまるところ。
大阪は堺市にあります、こひつじ保育園にて毎月開かれる"ことこと倶楽部"。
子供達が箏、三味線、尺八に触れることができます。
わらべ歌、手遊び、羽子板だってお手玉だっていつもします。
そして、最近は綿も作ってます。
収穫して紡いで・・・その後もいろんな展開が待っている。

ただ音楽を楽しむだけでなく、様々な方向から人とのつながりや社会とのつながり、
双方向から大人と子供が手をつないで本気で遊び学ぶところです。
ここの講師は強者ばかり。。。
今回のコンサートは、黒田京子さんにもご参加いただきます。

          


つむぎのコンサート〜お箏とピアノとしずりんと〜

出演: おおたか静流(歌)  山本亜美(箏)  黒田京子(ピアノ)
日 時: 2015年12月19日(土) 10:30〜12:00

会 場: こひつじ保育園ホール
     〒590-0105 堺市南区竹城台2-2-1 TEL 072-291-3222
     (駐車場はありません。泉ヶ丘駅前のパーキングをご利用ください。)

入場料: 高校生以下は無料、 大人(協力金として1口) 1,000円
主催: ことこと倶楽部  共催:こひつじ保育園

申し込み/問い合わせ: 《ことこと倶楽部》 








2015年12月4日金曜日

NY 

来年1月15~19日に、ニューヨークでの公演が決まりました。
アーツカウンシル東京の助成もいただき、下記の公演をしてきます^^

以前よりTsuguKaji-KOTOとして参加している、Strings&Serpentsでの企画とスティーブン・グローバス氏の支援を受けて、グローバス和室にての演奏となります。

Strings&Serpents Concerts

●Saturday, January 16th, 2016 Strings & Serpents Concert
Yamaha Artist Services

689 5th Ave, 3rd Fl.
New York, NY USA 10022

●Monday, January 18th, 2016 Strings & Serpents  Concert
Greenwich House

46 Barrow Street
New York, NY USA 10014

Strings&Serpentsとは・・・アンディ・ミルン/ベノワ・デルベック(以上、ピアノ)、梶ヶ野亜生/山本亜美(TsuguKaji-KOTO箏デュオ)、室谷早紀(アニメーション)以上5人による映像と音楽の世界。
2013年から始動しカリフォルニア芸術大学内での二週間の滞在中にまずは基礎となる音楽と映像を作成。
それぞれの作曲したものに、映像を絡め、60分ほどの作品となっている。
まだ現在進行形で作品は常に変化していく。

演奏→


(この度は、残念ながら梶ヶ野亜生はスケージュールの都合で不参加となります。)


          (↑Strings&Serpents)

Solo 

● Saturday,January 16th,2016  花房壽雄氏作品とのコラボレーションライブ
Globus Washitsu

889 Broadway PHC New York,NY USA 10003

●Sunday,January 17th,2016 ワークショップ&tatamiリサイタル
Gobus Washitsu

889 Broadway PHC New York,NY USA 10003

スティーブン・グローバス氏・・・日本文化を愛し、数多くの日本人アーティストをニューヨーカーに紹介している。
ニューヨークにある、アジアソサエティーやジャパンソサエティーの出資者でもある。

16日には、ニューヨーク在住の画家・花房氏の作品とのライブを開催。アートから感じる音を即興で演奏予定です。
(氏は、この日よりニューヨーク市内で個展を開催予定。)
また、17日にはニューヨーク在住で箏の知識を持つ方々とのワークショップを展開。その後コンサートへ。
二十五絃箏について、じっくりご説明できたらと考えています。



          (↑グローバス和室)















2015年10月26日月曜日

美術家 倉持伊吹  「水清ければ月宿る」

11.14(土) 渋谷にある「kurukuru Global Hub」にて美術家・倉持伊吹さんとライブペイントを開催します。

伊吹さんとは・・・

1990年群馬県生まれ。幼い頃に見た平山郁夫氏のシルクロードシリーズに感銘を受け、画家を志すようになる。‘自然美とエロス’を主軸テーマとし様々な形態で作品を制作。日本的美意識や宗教観を投影する作品たちは艶かしさを持ち合わせた“線”によって創造される2014年10月にニューヨークにて個展“Under the spirituality”を開催
他オリジナルタイツのデザインや舞台美術などを手がける。絵画、写真、ボディペイント、パフォーマンスなどジャンルにとらわれずアート活動を展開中。

出会いは、ごく最近なのですが彼女の醸し出す雰囲気にとても魅力を感じ、一緒にライブペイント開催という運びに。音と筆の流れはいずこにいくのか・・・

kurukur Global Hub
こちら、この春にオープンしたスペース。
とてもアーティストサイドに立ち、これから先いろんな発信をしていかれる事と感じます。ご縁あり、このたびこちらで開催。
空気の澄んだ空間で生まれる一夜かぎりの音と画。
どうぞご来場くださいませ。

11月14日(土)渋谷・くるくるGlobal Hub
出演/倉持伊吹(美術家)・山本亜美(箏)
19時開場/19時半開演
チャージ2000円


2015年10月16日金曜日

プール幼稚園創立50周年記念コンサート

 11月22日(日)は、大阪にありますプール幼稚園でのコンサート。
おおたか静流さんと沢田穣治さんと共に。
たくさんの子供たちともしかしたら・・
大人の方が子供になるかもしれない^^そんな1日になるのではないでしょうか。



プール幼稚園創立50周年記念
  おおたか静流コンサート〜おおきなぶどうの木のしたで〜

日時: 2015年11月22日(日) 14:00〜15:30 (開場13:30)

出演: おおたか静流(歌)
共演: 沢田穣治(ベース) 山本亜美(箏)

会場: プール幼稚園 プレイルーム
      〒546-0023 大阪市東住吉区矢田3-2-18
              TEL 06-6698-7700 FAX 06-6698-7290

    アクセス 近鉄南大阪線 矢田駅下車、西へ徒歩7分
           http://www.poole-kdg.com/map.html

入場料: 無料 (先着200名まで。要予約)

主催: プール幼稚園
共催: 伝統文化親子教室《ことこと倶楽部》

お申し込み・お問い合わせ 
  プール幼稚園    TEL 06-6698-7700
  《ことこと倶楽部》 上西 090-1144-2208
                                    uenishi@kotokoto-club.com





2015年10月6日火曜日

11.24(火) in Fライブ

練馬区大泉学園にあります、inFにてピアノの阿部篤志さんとデュオライブです。
阿部さんとは初めての共演となります。
どんな音楽が生まれるかワクワク。

11月24日(火)
20時〜 2ステージ チャージ2500円 
西武池袋線 大泉学園駅下車 「in F」

Piano
阿部篤志(あべ あつし)




1975年生まれ。岡山県出身。島根大学法文学部法学科卒。

音楽理論・演奏を独学で習得。大学在学中からプロ活動を開始する。
2000年上京。
関東を中心にLive、作編曲、楽曲録音など多忙極まりなく活動中。
原点はJazzではあるが、現在では様々なジャンルの音楽にその活動の場を拡げている。

主に、
日本フィルハーモニー交響楽団(オーケストラ)
つのだ☆ひろ(Voc&Dr)樹里カラン(Voc)中島啓江(Voc)Tina(Voc) 吉本佳代(Voc)安奈淳(Voc)安寿ミラ(Voc)紫倉麻里子(Voc)HISASHI(Voc)
中川昌巳(Fl)浜田均(Vib)天野清継(Gt)谷口英治(Cla)堤千恵子(Sax)彦坂眞一郎(Sax)市原ひかり(Tp)池田達也(Ba)三村奈々恵(Mari)江尻憲和(Dr)八尋知洋(Perc)
高嶋ちさ子(Vn)NAOTO(Vn)古澤巌(Vn)葉加瀬太郎(Vn)落合徹也(Vn)中西俊博(Vn)宮本笑里(Vn)
豊剛秋(笙)ウェイウェイ(揚琴)金子りずむ(Tap)Fat Jon(DJ)
・・・などなど、有名アーティストとも数多く共演。

また、『リトルボイス』(江守徹演出)、『スターダストイン上海』(栗田芳宏)、『ユビュ王』(串田和美)、『Piaf』(亘理智子)、『サウンドオブミュージック』(西田直樹)などのミュージカル舞台への参加、楽曲アレンジ。特に『Piaf』では舞台上演奏兼、役者としてのデビューも果たす。

さらに、『ラプソディーインブルー』『インエフ』(ガーシュイン作曲)などのオーケストラとのコンチェルト演奏、作家浅田次郎著「霧笛荘夜話」のコラボCDへの楽曲提供、『題名のない音楽会』『24時間TV』また『ザ・ワイド』のコメンテーターとしてテレビ出演するなど、その活動は多岐多彩。

自らのJazzトリオ”べーちゃんトリオ”でも、難解なJazzという音楽を、色彩感溢れるピアノタッチと見事な楽曲分析による斬新な切り口で解体に成功。新たな音世界を構築している。


おおたか静流ヒーリングコンサート


笠岡発、おおたか静流さんのコンサートに出演します。

2015年11月29日(日) 15時開場 15時半開演 
笠岡市保健センター・ギャラクシーホール 
(〒714-0098  岡山県笠岡市十一番1番地の3)

出演:おおたか静流(うた)、折本慶太(尺八)、山本亜美(箏)
  かさおかみたけ少年少女合唱団 / 笠岡混声合唱団かぶとがに / まつむし隊 / 吉田エコー

入場料:前売り券500円 当日券700円 (3歳以上入場券必須、それ以下はひざ上鑑賞でお願いします。先着400名様)
チケット販売所:きのこ老人保健施設、笠岡市長寿支援課、NPO法人笠岡を元気にする会、笠岡市社会福祉協議会
お問い合わせ:きのこ老人保健施設 (担当宮本・岡部)tel 0865-63-0700 

主催:笠岡市・笠岡市認知症介護研修センター
後援:笠岡市社会福祉協議会、NPO法人かわおかを元気にする会、ゆめネット笠岡放送

子供から大人まで総勢50名ほどの地元合唱団のみなさまと箏と尺八の音色と共に、
認知症の方、そしてそのご家族さま、みなさまと穏やかなひとときを一緒に過ごします。
「花」「私と小鳥と鈴と」「ありがと」「ちゃわんむしのうた」「すっぽんぽん」などなど。笑顔いっぱいのコンサートとなりそうです^^




2015年9月21日月曜日

小野 コミセンおの コミュニティホール

12月20日は、前日の京都NAMホールに引き続きアルバム発売記念のコンサート。
前半は、「つむぐ」の世界へ黒田京子さんをゲストにお迎えして。
また後半は、おおたか静流さんをメインにクリスマスコンサートとなります^^

12月20日 12:30開演 前売2000円/当日2500円
お問い合わせは、コミセンおの 0794-63-1020まで。  



京都 NAMホール

12月19日(土)京都NAMホールにてコンサートです。
ゲストに黒田京子(Pf)さん、そしてスペシャルゲストとしておおたか静流(Vo)さん。
前半は、「つむぐ」の発売記念として・・・後半は、ちょっと趣向をかえての内容となる予定です。
この日の午前中には同じメンバーにて、邦楽舎「ことこと倶楽部」にてのコンサートも予定しています。大阪堺市にあるこひつじ保育園のホールにて。
未就学児から集まる、ことこと倶楽部の講師としてはなかなか参加できない私ですが、
年に数回あるコンサートの一つに思いっきりこどもたちと楽しみたいと思います。
こちらの情報は改めまして・・・。


12月19日(土) 二十五絃箏コンサート 〜つむぐ〜
19:00開演 前売3000円/当日3500円
お問い合わせは、当HPまで。


TOKUZO 須賀川

福島県須賀川市にあります、「TOKUZO」さんにてアルバムの発売記念コンサートをさせていただくことになりました。
昨年にも一度ライブで訪れたこちらの会場。
アンティークなインテリアたち、特に椅子はオーナー木村さんが厳選した個性的なものばかり。たくさんの本もあるこのスペースは、ふと異次元にいるかのようなとても居心地のよい場所です。こだわりのコーヒーも絶品です^^

アルバムに参加いただいたお二人のゲストとともに、会場にてお待ちしております。

11月3日(祝)14:30開演
お問い合わせは、TOKUZO 木村 090-3984-5169   又は、当HPまで。


10月31日 北茨城Pumpkin

いつもお世話になっている茨城県北茨城市Pumkinライブのお知らせです。

10月31日(土)19時より、黒田京子(Pf)さんとのデュオライブです。
それぞれのオリジナルをソロで、デュオでたっぷりお聴きいただきたいと思います。


ご予約制となってます。
お問い合わせは、Pumpkin 0293-42-1818 または、メールにて。
ご来場お待ちしてます。





2015年9月12日土曜日

JazzTokyo

2015年7月29日、永福町sonoriumでのコンサートの批評をジャズ評論家の悠雅彦さんが書いて下さいました。



二十五絃筝の演奏家によるコンサートが近頃は珍しくなくなった。むしろこの数年はチラシなどで目に触れることが多い。ひところは野坂操壽の独壇場だった二十五絃筝の世界に、この楽器の魅力と可能性に注目する若い演奏家が輩出してきたことを示す、ある意味では広がり志向の現代的現象といってもよいだろう。
 山本亜美は野坂操壽について1年間学んだとある。二十五絃筝が持つほかの琴にはない豊かな表現力に魅惑されたものと見える。だが、師の野坂操壽のもとで学んだ二十五絃筝ならではの奏法や表現力を礎にしながらも、むしろやる気満々の溌剌さで、師とはまったく違う道を進んでいこうとしている彼女の演奏姿勢に、二十五絃筝の新しい未来を感じたのは決して私1人だけではないと思う。それだけこの二十五絃筝が持つ可能性は単に大きいというだけでなく、筝という楽器のなかでは歴史が浅いがゆえに、いやむしろそれだけにというべきか二十五絃筝の世界が切り開かれるのはこれからだと考えれば、この楽器にアプローチする若いアーティストが輩出する昨今の活況ぶりに注目するとともに、型破りとでもいうべき邦楽の新しい展開を期待せずにはいられない。山本亜美は二十五絃筝邦楽担い手として期待される演奏家。そのスピリット旺盛な演奏をこの夜初めて聴いた。
 このコンサートは彼女の初のソロ・アルバム発売記念をうたい、その吹込で共演した尺八の折本慶太と黒田京子を迎えてみずからプロデュースした。正直に申し上げると、私は山本亜美の演奏を聴いたことは過去にないが、実は彼女が黒田京子と共演することに注目したのだ。黒田京子は日本の新しいジャズ運動が軌道に乗り出した80年代以降の流れのなかで現れた新鋭の中で、ストレートかつ前向きに自己表現することにたけたピアニストだった。二十五絃筝の山本と、しばらく聴く機会がなかった黒田が、ここでいったいどんな共演をみせてくれるのかに興味をつのらせたというわけである。
 山本亜美が黒田京子と登場したのは休憩後の後半のステージ。演奏行為を通して表現することの切実さを黒田から学んだという山本は、この夜最も溌剌としてラプソディックでさえある、意志を音に反映させるインプロヴァイザーの片鱗を印象づけるプレイを繰り広げた。なるほど黒田との共演が山本の演奏展開に、前半のステージではうかがえなかったような音楽の活火山的ダイナミックスをもたらしていたようだ。それが随所でうかがえたその一方で山本本来のポエジーな柔らかさが心地よいアクセントを生み、ダイナミックな強烈さと対照的な柔らかさを印象づけるのだろうと合点した。察するところ、山本亜美は失敗を恐れず演奏行為としての冒険を楽しむ胆力をもっているらしい。後半のプログラムには(1)割れた皿(黒田京子)、(2)おきな草のうた(同)、(3)アネクメーネ(山本亜美)が並んだ。タイトルから想像される(1)での黒田の奏法とサウンド、その直線的でフリーな展開の爆発に彼女の意気軒昂ぶりがうかがえて,久しぶりに聴いた喜びも手伝ったためか新鮮だった。山本自作の「アネクメーネ」では、この1年半ほど前から黒田京子のライヴを聴いて感じ取ったプラスの効果が、たとえば短調のバラードの中でピアノと一体的にクレッシェンドする展開部分に現れたようで、最後のところでフリー・ジャズの自由な対話のように結ばれるところなどとともに,邦楽演奏としてはこの意外性が新鮮。これも二十五絃筝ならではの意外性だったといっていいかもしれない。懐の深い黒田の演奏に,決して後ろ向きにならない黒田の言動に、山本は進んで呼応したのだろう。欲を言えば、もっと積極果敢に、たとえば黒田と丁々発止のバトルを試みるぐらいの気合いを発揮して欲しかった気がする。次回を待つことにしよう。
 前半は田口和行作曲の声と二十五絃筝による、いわば山本亜美の弾き語り。二十五絃筝はギターからピアノやチェロ、ときにはベースまでの音域と表現をカバーするスケールを持つ。尺八の折本慶太と共演した「Rain」は、この日が初演という高橋久美子の作品。日本音楽集団のコンサートで意欲的な新作を発表している高橋の、日本人的な感性と傑出した作曲技法が結びついて生み出した抒情歌を聴く味わいを、山本亜美があたかも詩をうたうかのような雰囲気で演奏したのが印象的だった。
 アンコールで演奏したのが森亜紀が作曲して山本亜美に贈った最後の「つむぐ」。音を紡ぐ柔らかな幸せが聴く者を包み込む。彼女には二十五絃筝の新しい可能性を切りひらく今後の精進と活躍を期待したい。 

リンク先は、こちらから→JAZZTOKYO



2015年9月8日火曜日

邦楽ジャーナル 



邦楽ジャーナル9月号表紙及び特集記事に掲載いただきました。
今春に発売したアルバム「つむぐ」のこと、今までの活動についてなど
お話しさせていただきました。
同時に世界で活躍する、二人の多絃箏奏者と一緒にインタビューを受けています。


 





2015年9月2日水曜日

国立ハーバーライト Live

今年2月に引き続き、国立にあるJazz&Bar ハーバーライトにて、ピアノ黒田京子さんとのデュオライブをします。
お客さまとの距離も近く、お話をしながら進めていくこのライブ。
駅からも近く、お酒の種類もとっても豊富^^
ぜひぜひ足をお運びくださいませ。


10/13(火)   黒田京子 山本亜美 Duoライブ
MC ¥2000
1st 19:30~20:30
2st 21:00~22:00

Jazz&Bar Harbor Light
〒186-0002 東京都国立市東1-6-2 Y's VISION ビル4F 
TEL:042-577-5510 FAX:042-577-5510 
営業時間:19:00~01:00 
定休日:日曜日


JR中央線、国立駅南口より旭通りを徒歩2分。 
1Fがお花やさんになっているビルの4Fです。 

こと・うた・おと・こんさーと

10/3(土)に、神戸のホテルオークラ内のチャペルにて関西で活躍している、
狩谷瑠美さんのコンサートです。
2015年神戸ビエンナーレの事業としての開催。

生田流新絃社二代家元の狩谷春樹先生の一人娘さんでもあり、子供のころからのお付き合いです。
このコンサートでは、活動の中心である歌と箏・三絃での弾き歌いも披露されます。

三曲、ご一緒しますが、その中の一曲「忠弥」は春樹先生の作品。
通常の編成は、箏/三絃/十七絃/うたですが・・・この度は、ピアノ/コントラバス/箏/尺八の編成。初の試みとなります。
私にとっても幾度と演奏してきたこの作品が、新たな面を見せることとっても楽しみです。




2015年8月7日金曜日

福島ツアー 会津・郡山・いわき


ラテンパーカッション加藤ちゃぼさんによる企画に出演します。
2015年は4回目のライブツアーとなるそうで、毎回ちゃぼさん一押しのミュージシャンと
回っているとのこと・・・。
年内もきっとまだまだ予定されているのではと思いますが、その貴重な一つに呼んでいただいております!
二十五絃奏者として活動することがほとんどではありますが、今回は敢えて”十三絃・十七絃・三絃”とラテンパーカッションのライブとしてみます。
今までのちゃぼさんとのコラボで生まれた、「川柳もの」や「物語」を考えて音をのせて語るなど遊びの要素満載のものもします。

私のソロでは、ロビン・ウイリアムソン作曲「Letters from a Stranger's Childhood」や肥後一郎作曲「手事四綴」を演奏予定です^^

ほか、よく知られる曲も♪
みなさまのご来場をお待ちしております。

9/18(金)
会津若松 ほっとハウスやすらぎ
18:30開場/19:00開演 2500円(1drink・スイーツ付)
お問い合わせ 0242-29-0593

9/19(土)
郡山 ミオ・ピアチェーレ
18:30開場/19:00開演 2500円(ソフトドリンク付)
お問い合わせ 橋本 090-7079-9264

9/20(日)
いわき小名浜 don3
18:30開場/19:00開演 2500円(1drink付)

お問い合わせは、上記それぞれまたは、当HPまで。
                    
                    ↓ちゃぼさんです

2015年6月26日金曜日

愛媛から岡山へ。


 
8月12日と14日のお盆の中、コンサート。
12日は、愛媛県内子町にて・・
こちら、いつも関西エリアでの演奏やソロアルバムにも参加いただいている、折本慶太さんのお郷であります。
よくメディアにも紹介されるこの町には、良き文化がたくさん。温かい人々と溢れんばかりの食文化・・幾度と訪れていますが、毎回新鮮です。
そんな、内子町でのコンサート。
Emmeさん、小濱明人さん(尺八)、宇野寛至さん(太鼓)と・・どことなく繋がっている皆さんとの楽しい二夜です。


そして、14日は。
私の祖父母が育った島・・岡山県笠岡市高島にて。
こちらは、ちょっとプライベートな島民のためのコンサートです。でも、ご連絡いただけましたら参加可能です!
神武天皇も訪れたといわれ、天岩戸もあったり。
神秘の島、高島。
私にとって、とてもとても大切なこの島で2回目のコンサートです。
瀬戸内海にあり、穏やかな海に沿う愛媛と岡山。
ちなみに・・・小濱さんも香川県の高松出身^^

温かい音に溢れる二夜となることと思います。

2015年6月18日木曜日

北茨城

私の田舎といっても良いくらい、そんな気持になる北茨城市磯原。
野口雨情の生家があり、五浦海岸には思想家・文人の岡倉天心が残した六角堂。
磯原饅頭は、とっても美味しい名物です^^
縁あって2年間住み・・・その間に今の活動にたくさん影響を与えてくれる人々に出会いました。
その中でも特別なお店、自然食レストラン「Pumpkin」にて7月31日(金)にコンサートします。陽気なマスター荒木さんご夫妻と息子さんが美味しいご飯と音楽をいつも磯原の町に送りつづけています。

「ソロアルバム発売記念コンサート」
7月31日(金)19:00開演 2500円(1drink付)
出演:山本亜美(25、三絃)・折本慶太(尺・17・箏)
アルバムの作品だけでなく、邦楽作品もいろいろ演奏予定です。




2015年6月16日火曜日

士別と会津

鬼太鼓座の公演が終了しました^^
二つの公演に参加させていただきましたが、両公演ともとても良い公演でした。
最後にみなさまと・・・


会津村にて。

2015年6月11日木曜日

Emmeライブ

7月25日(土)、築地にあります”うおがし銘茶 築地新店”にて、うたのEmmeさんのライブに参加します〜。
昨年に一度開催されたのですが、大雪の日にあたり半分のお客さまがご来場することができませんでした。今年は時期を変えて、夏のころのライブに。
Emmeさんとは、最新アルバム「おとなの子守唄」に参加させていただくころからのお付き合いになります。様々なアーティストのコーラスを経て、長唄を勉強され独特の声の持ち主。オリエンタルヴォイスという言葉がぴったりです。体に染み入るようなものから、パワー全開のオリジナル作品。何度かライブでバックに入らせていただいてますが、本当に楽しくて気がつけば、お客様より楽しんでたりも・・・。
そんなEmmeさんのライブ、ぜひぜひご来場ください!

7月25日(土)  13:30 開場/ 14:00開演
2000円 (お茶のお土産付き)
出演 Emme/小泉なおみ(笛)/山本亜美(25)


2015年5月27日水曜日

第10回記念演奏会 邦楽器とともに

一昨年にも参加させていただきました、
今年10回目を迎える「邦楽器ととに」が6月8(月)東京文化会館小ホールにて開催されます。
全曲新作、作曲家と声楽家と詩人による日本歌曲の夕べとなります。

「万葉・恋の譜 -声と二十五絃箏のために-」新実徳英作曲(新作初演)を
メゾソプラノの青山恵子氏とご一緒させていただきます。
一つの作品に秘められた物語が青山氏の歌によりとてもドラマチックに表現されます。
二十五絃箏の音域も少し低く作曲され、背景を感じさせる響きが生まれています。

6月8日(月)  上野・東京文化会館小ホール   17:45開場/18:15開演 チケット¥3500(全席自由)
《お問い合わせ》 波の会日本歌曲振興会事務局 03-3355-4173
                       東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650


鬼太鼓座公演 

鬼太鼓座公演にゲスト出演させていただきます。
6月4日北海道士別市にて、14日福島県会津市にて。
今年のテーマは、「Pas a Pas 〜一歩一歩」とのこと。
同名作品も演奏予定。
すでに、5月13日にプレライブとして郡山市にて共演してきました。
鬼気迫るという感覚と優しさとあたたかさが混在しているみなさんの演奏、
率いる松田惺山さんの笛の音がすべてを包み込んでいる、そんな印象でした。
本公演では、フラメンコの松島かすみさんも加わります。
ぜひぜひご来場ください。


● 6月4日(木) あさひサンライズホール(北海道士別市)
18:30開場/19:00開演  前売¥2000/当日¥2500(全席自由)
《お問い合わせ》 あさひサンライズホール 0165-28-3146 

●6月14日(日) 會津風雅堂・大ホール(福島県会津市)
 18:00開場/18:30開演  大人 前売¥3000/当日¥3500   高校生以下 前売¥1500/当日¥2000
《お問い合わせ》 会津村アースミーティング2015実行委員会0242-75-3434
                          蛭田 090-8785-7691




     

2015年5月26日火曜日

HPリニューアルとsoloアルバム「つむぐ」発売

HPが新しくなりました!随時更新していきたいと思います。

そして、二十五絃箏のCDも5月1日に発売開始いたしました。

「つむぐ」
昨年夏にいろいろな出会いのおかげで、ようやくsoloとしての作品を作ることに。
「つむぐ」というタイトル。これは、収録している森亜紀さんの同名作品からいただきました。初めてこの曲を手にした時、音を紡ぐ彼女の作品にとても感銘を受けたこと覚えています。それと同時期に田口和行さんによる「序の歌」も手元に。いつもの彼の作品とはまた一味違うのですが、透明感あり独特の音の選択は初めから惹かれました。
もう長いお付き合いになる高橋久美子さんの「Rain」。
この作品、とっても彼女の素な気がします。自然体な音とタイトルがとても心地良いなあと。3人の作曲家による作品と自作品。全6曲に今のすべてを込めることができました。
共演者にも制作者にも恵まれ満足の内容です^^

多くの方に聴いていただけるよう、コンサートも続々と決まりつつあります♪

● 7月29日(水) 東京・永福町ソノリウム
18:30開場/19:00開演 チケット前売¥3000/当日¥3500

● 8月2日(日) 神戸・萬屋宗兵衞
18:30開場/19:00開演 チャージ(1drink付)前売¥2500/当日¥3000 

出演:黒田京子(Pf)、折本慶太(尺八)
お問い合わせは、当HPより!


写真、HP、CDジャケット、フライヤーデザインは、すべて写真家の平松俊之さんにお願いしました。感謝〜