ラ・フォル・ジュルネ東京2018 & ムジークフェストなら

5/5及び5/7に開催されました、
「ラ・フォル・ジュルネ東京2018 &ムジークフェストなら」
終了しました。

フランスより来日していた、カンティクム・ノーヴムのみなさまとの共演。
和楽器は、尺八小濱明人氏・津軽三味線小山豊氏と。
ユニゾンで進行する、中世の音楽は独特の世界でした。
心一つに演奏すること、特に奈良公演では本当によい音楽が生まれていたと思います。
和楽器との音の交わりがとても自然であったと、たくさんの感想いただきました。

この二つのフェスティバルは、仏ルネ・マルタン氏が芸術監督をされています。
世界で、数々の勲章受賞もされる氏も奈良・春日大社にはご来場。
高く評価いただきました。
今後の展開がありそうです。
とても楽しみであり、新しい世界が導かれた公演となりました。

ご来場いただきましたみなさま、有難うございました。